nbaのGぶろぐ

旧nbaのGぶろぐです。新nbaのGブログはサイドバーのリンクからお越しいただけます

ウェストブルックとKDはエンカレジャー

 オクラホマシティサンダーのポイントガード、ラッセル・ウェストブルックが右手を骨折してから1週間が過ぎた。

 

エースのケビン・デュラントはじめ多くの選手が負傷しているサンダーは不振にあえいでいる(1勝5敗)。しかし、コーチのスコット・ブルックスは、ウエストブルックとデュラントを砦を支えようと努力している仲間を鼓舞することを通して巻き込もうと努めている。

スポンサーリンク 

 

 

彼とケビンは試合中信じられないほど鼓舞してくれるんだ。彼らはどんな場面でも励まし、必要とあらば仲間と群がったりしている。彼らは自分らがプレーしていない間であっても、巻き込ませ、引きつけさせ、インパクトを与えたいと思っていて、見ていて楽しいよ。

 

一方のウェストブルック も、コートに再び戻るのを待っている間はこの役割にいそしむようだ。

 

 僕たちが仲間の手助けをする方法を見つけようと努めているだけだよ。1度試合が始まってしまうと、それがあまり良くないものであるために、だれかに話したくなるだろ。チームを助けるための方法を見つけるために、人々やコート外、タイムアウト、それが何であっても、を通じて方法を探していただけさ。

 

 ウェストブルックは4-6週間の欠場と見られている。

今季は2試合に出場し、平均20.7分で20得点、5アシスト、1.5リバウンド、2スティールを記録。

 

次の試合は今季絶好調のサクラメントキングス(5勝1敗)。

 

 

雷が落ちませんように。

スポンサーリンク 

 

 

参照記事:Westbrook, KD great 'encouragers'