nbaのGぶろぐ

旧nbaのGぶろぐです。新nbaのGブログはサイドバーのリンクからお越しいただけます

S・カリー28得点もウォリアーズに初黒星

今季のゴールデンステイトウォリアーズは3つのものを獲得した。

 

クレイ・トンプソンの4年の契約延長。

新ヘッドコーチのスティーブ・カーと契約。

サンフランシスコにウォリアーズの新しいアリーナ建設のための土地を購入。

 

買いまくりだ。

スポンサーリンク 

 

 

カーはのオフェンスは多くのパスとオフザボールの動きを重視している。

マイク・ダントーニが指揮したフェニックスサンズのオフェンスペースとパス。

グレッグ・ポボビッチが指揮したサンアントニオスパーズの流動性

ジェリー・スローンが指揮したユタジャズのハイポストパスとベースラインのクロスカット

フィル・ジャクソンが指揮したトライアングルオフェンスのタフさ。

 

これらを彷彿させるようなオフェンスシステムをカーは実践しており、選手からの信頼を得ている。

NBA.comによれば、ウォリアーズの1試合当たりのパス数が昨年の246から324へ増加している。さらに、流れるようなアシスト("ホッケーアシスト")ではリーグ2位の9アシストである。

 

ここまで書いて、ウォリアーズ対サンズの1戦でウォリアーズが初黒星をあげそうな状況になる。

「ウォリアーズが開幕6連勝!!!!」とか書きたかったなー

何が起きるかわからないね、ほんとに。でも4クオーター始まるまで8点差で勝っていたのだよ。

 

結果 95-107で負けました。

エースのカリーが34分で28得点、10アシスト、5スティール、2リバウンド、10ターンオーバー

サンズのアイザア・トーマスが27分で22得点、7アシスト、1スティール、3リバウンド、3ターンオーバー

うーん、カリーのターンオーバーが多かったのが残念。平均3.8だったのになー。

 

今回はトンプソンも出ていないからブラザーがいなくて力入ったのかも。

 

 

勝てる試合だっただけに、カラスもカーと鳴く。

スポンサーリンク 

 

参照記事:No buyer's remorse for Warriors