nbaのGぶろぐ

旧nbaのGぶろぐです。新nbaのGブログはサイドバーのリンクからお越しいただけます

V・オラディポ初先発もウィザーズに敗れる

 

 現地15日のサタデーナイト、オーランドマジックはアウェイでワシントンウィザーズと対戦し、93-98で敗れた。

 

マジックの先発5人が2桁得点を記録した。

しかし、リザーブが13得点にとどまり、48得点をマークしたウィザーズのリザーブに完敗した。

マジックは38-48の10点ビハインドで前半を折り返したが、3クオーターにシューターのチャイニング・フライとエバン・フォーニエの3Pで48-52と詰め寄る。

その後フォーニエの3ポイントプレイで1点差になるが、オット・ポーターとジョン・ウォールの3Pで突き放された。

 

4クオーターにもチャンスはあったが、5点差より縮めることができなかった。

 

NBA12年目のベテラン、マジックのルーク・リドナーは私事により欠場。

スポンサーリンク

 

 

これでウィザーズは3連勝で7勝2敗。ホーム4連勝。

ホームでの開幕4連勝は1974-75シーズンに7勝1敗を記録した以来。

好調ですなー。

ウィザーズとかホーネッツ、ペリカンズ、ラプターズ、キングスなんか少し前まででは考えられないような戦いぶりで、いよいよ勢力図の変わり目が来ているのかななんて思う。

 

一方のマジックは今季4勝7敗。

顔面骨折で9試合を欠場していた期待の若手、ビクター・オラディポは今季初先発を果たした。

昨日のミルウォーキーバックス戦ではベンチから今季初出場。今日は初先発とマジックのカギを握っている。

 

その彼は32分出場、18得点、7アシスト、7リバウンド、1スティール。

 

前半のFGが12の2と心配だったが、最終的に7の18にまとめた。

オフェンスをコントロールしており、特に悪いショットも見受けられなかったのでいい感じ。

とはいいつつ、今季の3Pが6の1と不調気味なのが心配。今日は3の0だったね。

 

2013年のドラフト全体2位指名を受けたオラディポは昨季80試合に出場し44試合で先発した。

成績は1試合平均31.1分、13.8得点、FG成功率41.9%、3P成功率32.7%、FT成功率78%、4.1アシスト、4.1リバウンド、1.6スティール、3.2ターンオーバー

ルーキーにしては頼もしい成績だ。

 

ドライブを中心にオフェンスを組み立てる。

豪快なダンクをかますのか、スピンムーブからのしなやかなレイアップか。

ジャンプショットがもっとうまくなると化けるぞ、オラディポ。

 

 

方陣オラディポ。

 スポンサーリンク

 

参照記事:Bench key as Wizards defeat Magic 98-93