nbaのGぶろぐ

旧nbaのGぶろぐです。新nbaのGブログはサイドバーのリンクからお越しいただけます

ウエストブルックと比較される大型ルーキー

 

 ドラフトNo1ポイントガードと謳われた、

 

ダンテ・エクサム

 

スポンサーリンク

 

 

オーストラリア出身の彼は、今年のNBAドラフト1巡目全体5位でユタジャズに指名された。

 

ジャズの一員としてサマーリーグに参加し、5試合で先発。

平均26.7分、7.2得点、FG成功率30.8%(12-39)、3P成功率16.7%(3-18)、FT成功率64.3%(9-14)、2.8アシスト、2.6リバウンド、1.4スティール、3ターンオーバー

 

鳴り物入りで入ったエクサムはそのポテンシャルを知らしめた。

荒いところも多かったけど。

 

ユタのメンバーとして2014-15シーズンに挑んでいる彼は、今のところ全20試合に出場。

平均18分、4.5得点、FG成功率36.5%(31-85)、3P成功率29.8%(14-47)、FT成功率59.1%(13-22)、2.1アシスト、1.5リバウンド、0.4スティール、1ターンオーバー

 

パサーとしての才能あると思う。上手いよ。

 

ちなみに、出場時間が20分を越えたのは5試合で平均23分。

その間の平均アシストは4.2を記録。

 

ここで、よく言われているエクサムの特徴を紹介。

ポイントガードにしては198㎝とサイズがあるため、シューティングガードでも起用される。

・抜群のクイックネス。特に、相手を抜き去る一歩がピカイチ。

・総じて、ポテンシャルがすごい。

・ディフェンスまあまあ。ボールマンのディフェンスはまあ?。ただ、スクリーン掛けられるとあらら・・。

・攻守ともにオフザボールの動きが良いのではないか。

・アウトサイドどうした。

・即戦力としては期待できない。

 

ざっとこんな感じだ。

あと、試合見てるとFTがおもしろくない。

 

チームによって求められてる3Pを頻繁に打ってる割にはタッチが悪いので、ドライブ等でもらったFTはきっちり決めたいところ。

 

 エクサム本人はポイントガードとしての起用を望んでいるが、彼のサイズやプレイスタイルからシューティングガードとして起用される場面も結構見られる。

 

しかし、今のことろ3Pシューターと呼べるほどのパフォーマンスではなく、かといってゲームメイクに長けているともいえない。

 

あるのは19歳という若さと、巷で騒ぎ立てられている彼のポテンシャルだ。

 

 

今季NBA7年目になるラッセル・ウエストブルックの若かりしときと、ルーキーのダンテ・エクサムには共通点があることはよく知られている。

 

それは、ポイントガードであることを望んではいるが、類まれな身体能力と190㎝代のサイズ、攻撃的なプレースタイルのためにシューティングガードでの起用を勧められたことだ。

 

だが、周知のとおりウエストブルックはリーグを代表するスコアリング型の大型ポイントガードとして成長した。

 

エクサムは今後どうなるのか注目だ。

 

参考までに、ルーキー時代のウエストブルック(08-09)とエクサム(14-15)の開幕後20試合までのスタッツを比較してみた。

 

ウエストブルック     エクサム

平均27.6分        平均18分

12.5得点         4.5得点

FG成功率35.8%(84-235)  FG成功率36.5%(31-85)

3P成功率29.6%(8-27)    3P成功率29.8%(14-47)

FT成功率78.7%(74-94)     FT成功率59.1%(13-22)

4.15アシスト       2.1アシスト

3.55リバウンド      1.5リバウンド

1.75スティール      0.4スティール

2.7ターンオーバー      1ターンオーバー

 

2勝18敗(サンダー)      5勝15敗(ジャズ)

 

※両者とも20試合に連続出場

 

ウエストブルックの攻めっぷりが目立つ。

3P成功率はどちらも同じ程度だが、試投数を見るとエクサムの方が20本多い。

シューティングガードとしてのプレーもあるからなー。

 

ウエストブルックは3Pこそ少ないものの、積極的なドライブでファウルを誘うプレーが多く、FTをしっかり決めて得点にしていた印象。

スタッツ見て気づいたけど、1.75スティールって、かなり良い数字だったのね。

 

チーム成績は若干似ているような・・・。

 

ウエストブルックはこのシーズン84試合に出場し64試合で先発。

平均32.5分、15.3得点、5.3アシスト、4.9リバウンド、1.3スティールを記録。

 

ルーキー・オブ・ザ・イヤーはシカゴブルズのポイントガード、デリック・ローズだったが、ウエストブルックはローズ、O.J.メイヨらと共に、NBAオール・ルーキー・ファースト・チームに選出された。

 

 

エクサムじゃあウエストブルックにはかないませんわ。

 

まだ19歳だもんねー。ブルックは20歳だったでしょ   

 

 スポンサーリンク