nbaのGぶろぐ

旧nbaのGぶろぐです。新nbaのGブログはサイドバーのリンクからお越しいただけます

Vol.5 12月19日 今日のイチオシ

 

 今日のイチオシは、

 

アンソニーデイビスニューオリンズペリカンズ)。

 

今季初の顔合わせとなった、ペリカンズ12勝12敗で挑んだアウェイでのヒューストン・ロケッツとの一戦。

ロケッツはこれまで19勝5敗を記録してい、エースのジェイムズ・ハーデンを中心に好調を維持していた。

スポンサーリンク

 

 

この一戦でペリカンズの大黒柱、デイビスが活躍。

41分、FG10本とFT10本を成功させ30得点、3アシスト、14リバウンド、5ブロック、1ターンオーバーを獲得。

 

平均17得点、5.8アシストを記録していたタイリーク・エバンズが右膝の打撲により欠場したが、デイビスが攻守にわたり奮起した。

 

試合はリードしていたペリカンズが第3Qに逆転され、第4Qへ突入する前までは65-68と劣勢。

 

第4Q開始早々、両陣営がシュートを決め68-70となる。

そこから、この日途中出場ながら13得点を稼いだペリカンズのライアン・アンダーソンの5点連打を含む11-3のランを成功させ、79-73と引き離す。

 

そのままリードを守りきり勝利。

 

結果99-90。

 

試合後デイビスは語った。

 

「まさに今、チームとして成長し成熟していることをこの瞬間に味わっているよ。つまり、どこで僕たちは成長を始め、どこで僕たちは試合の勝ち方を学び始めるのかを実感しているんだ。今日の試合はとても良かったね。」

 

デイビスハイライト

NBA Official Video

 

また、好調ロケッツを90点に抑えたことに関しては、

 

「僕たちはディフェンシブなチームなんだ。僕らがしっかり守れば、打ち負かすのには難しいチームだよ。」

 

と語った。

 

現在ペリカンズは13勝12敗。

明後日ポートランド・トレイルブレイザーズと対戦。

スポンサーリンク

 

 

参照記事:Anthony Davis powers Pelicans over Rockets on Harden's off night