nbaのGぶろぐ

旧nbaのGぶろぐです。新nbaのGブログはサイドバーのリンクからお越しいただけます

Vol.10 12月24日 今日のイチオシ

 

 今日のイチオシは、

 

エリック・ブレッドソーフェニックス・サンズ)。

 

彼はホームにダラス・マーベリックスを迎えた今日の一戦で、自身キャリア2度目となるトリプルダブルを達成し、チームの勝利に貢献した。

スポンサーリンク

 

 

35分出場し6本のFG成功を含む16得点、11アシスト、10リバウンド、3スティール、3ターンオーバーを記録。

 

ちなみに初トリプルダブルは今月の8日、アウェイでロサンゼルス・クリッパーズと対戦した時だ。

45分で27得点、16アシスト、11リバウンド。

惜しくもオーバータイムの末1点差で敗れてしまい、結果としてその後経験することになる6連敗への道を開いてしまう試合だった。

 

しかし、今日の試合では自分の活躍を勝利という形でチームに貢献することができた。

 

    1Q 2Q 3Q 4Q

サンズ 25  28  36  35

ダラス 26  19  29  41

 

第2Q残り6分で30-39と、序盤はダラス優勢でことは進んでいた。

しかし、そこからサンズのポイントガード、ゴーラン・ドラギッチの12得点を含む23-6のランを披露し、53-45と8点サンズがリードしてハーフタイムへ。

 

第3Q早々に点差を縮まされ56-52の4点リードになるが、約4分の間に16-4と引き離し72-56とする。

 

サンズはそのまま逃げ切った。

 

結果124-115。サンズ勝ち。

124得点はシーズンハイ。

 

ドラギッチは25得点、4アシスト。

ジェラルド・グリーンは途中から23分の出場で3P6本を含む22得点。

 

敗れたマーベリックスダーク・ノビツキーが22得点、5リバウンド。

レイジョン・ロンドは13得点、8アシスト、6リバウンドだった。

 

トリプルダブルを達成するための最後のリバウンドを試合終了残り31秒でつかんだブレッドソーはその時のことをこう語った。

 

「とても疲れていたよ。最後の一つをつかもうと子供のようにバスケットコートを走り回っていたんだ。」

 

今日の試合に関しても、

「僕たちは攻守ともにとても良かった。」

と語っている。

 

現在サンズは4連勝中で16勝14敗。

スポンサーリンク

 

 

参照記事:Bledsoe gets triple-double, Suns beat Mavericks 124-115