nbaのGぶろぐ

旧nbaのGぶろぐです。新nbaのGブログはサイドバーのリンクからお越しいただけます

Vol.15 12月30日 今日のイチオシ

 

 今日のイチオシは、

 

ブラッドリー・ビールワシントン・ウィザーズ)。

 

アウェイで行われたヒューストン・ロケッツとの一戦で、ブラッドリービールはオフェンスにおいてチームを牽引し3連勝に貢献した。

スポンサーリンク

 

今季すでに20勝以上を達成している両チームで、ディフェンスにも定評があるチーム同士の対戦となった。 

 

ビールは先発で合計37分出場し33得点、3アシスト、5リバウンド、1スティール、3ターンオーバーを記録。

 

33得点はシーズンハイで、3P5本を含むFG9本を沈めている。

FTは10の10とシュートタッチが安定していた。

 

      1Q 2Q 3Q 4Q

ウィザーズ 24  22  32  26

ロケッツ  27  18  22  36

 

試合が動いたのは第3Qと第4Q。

 

前半を46-45のウィザーズ1点リードで折り返すと、第3Q早々には9-2のランを成功させ55-47と引き離す。

 

リードを保ったままじわじわ差を広げ、このQを78-67のウィザーズ11点で終える。

 

このまま難なく勝利を手にするのかと思っていたら、第4Qにロケッツが猛追してきた。

コーリー・ブリュワーやトレバー・アリーザを中心にロケッツは6-17のチャージ。

試合終了残り5分の時点で84-84の同点にする。

 

そこから一進一退の攻防が続くが、シーズンハイの33得点を獲得したビールが残り2分の間に得た合計6本のFTを全て沈めぎりぎり逃げ切った。

 

結果104-103。ウィザーズ勝ち。

 

試合後ビールは語った。

 

「ディフェンスも含めて僕はただアグレッシブだったんだ。それにたくさんのオープンなショット打てて運が良かったね。」

 

終盤の勝敗を左右する場面でFTをきっちり決めたことについては、

 

「自身をもってシュートやプレーをしていたのはまさしく僕だったよ。」

 

と誇らしげに答えた。

 

ウィザーズのポイントガードであるジョン・ウォールは13得点12アシ4リバ4スティ。今季18回目のダブルダブル(リーグ1位タイ)。

 

ロケッツのジェイムズ・ハーデンは試合終了残り20秒で9得点をマークし、合計33得点4アシ6リバ。

ドワイト・ハワードは13得点5リバ。

 

現在3連勝中のウィザーズは22勝8敗、明日アウェイでダラス・マーベリックスと対戦。

敗れたロケッツは2連敗中で21勝9敗、明後日ホームでシャーロット・ホーネッツと対戦。

 

ビールの33得点ハイライト


NBA Official Video

スポンサーリンク

 

 

参照記事:Wizards stave off Rockets' rally behind Bradley Beal, Paul Pierce