nbaのGぶろぐ

旧nbaのGぶろぐです。新nbaのGブログはサイドバーのリンクからお越しいただけます

復活のショーン・リビングストン

 

 応援したくなる、

 

ショーン・リビングストンゴールデンステイト・ウォリアーズ)。

f:id:camep:20150615033257p:plain

Photo by David Kyle/NBAE via Getty Images

 

スポンサーリンク

 

 

 

NBA10年目のリビングストン

 

 

おそらく今回紹介する選手ほど困難に立ち向かい、それを乗り越えた者は今季のNBAファイナルにはいないだろう。

 

それはドラフト外から見事信頼を勝ち取り、ファイナルでも活躍を見せているクリーブランド・キャバリアーズのマシュー・デラベドバではない。

 

ゴールデンステイト・ウォリアーズの控えガードであるショーン・リビングストン(shaun livingston )だ。

 

ウォリアーズのポイントガードは誰もが口を揃えてステファン・カリーというが、201㎝87㎏のリビングストンを忘れてならない。ガードにしてはサイズが大きい彼は今季でNBA10年目になる。

ドワイト・ハワードやアンドレ・イグダラらが指名された2004年のNBAドラフトの際、1巡目全体4位でロサンゼルス・クリッパーズ指名された。

 

細いがサイズのあるリビングストンは、ルーキーイヤーとなった2004-05シーズンに30試合に出場。

平均27分、7.4得点、5アシスト、3リバウンドを記録した。

 

 

2007年、重度の怪我

 

 

順調にキャリアを重ねたいものだったが、3年目の2007年2月にそれは起こった。

 

試合中に重度の膝の怪我をしてしまった(ネット上にはその時の動画もあるので、見たい方は観覧に注意しつつ見てください)。

 

ショッキングな怪我だったため、彼のキャリアは突然順風満帆の道をそらざるを得なかった。

 

過去にもスターと謳われながら、怪我に悩み引退を決断した者や、自らの能力を発揮できていない者は数知れない。

 

リビングストンも彼らと同じ道をたどる運命を感じた。

 

クリッパーズから放出され、マイアミ・ヒートオクラホマシティ・サンダー、ワシントン・ウィザーズシャーロット・ボブキャッツミルウォーキー・バックス、そしてキャバリアーズ

 

満足に試合に出れない状況の中で、各チームをただ転々と移動するキャリア。

 

 

しかし、彼はどれほど精神が落ち込んでも、どれほどリハビリがつらくとも決して諦めることは無かった。

再びコートで自身のプレーができるまで  

 

 

ネッツのスタメンに抜擢

 

 

リビングストンが本格的に復帰し始めたのはキャバリアーズの次に移籍した、昨季のブルックリン・ネッツでのことだった。

 

ジェイソン・キッド新HCはリビングストンの可能性を見出し、主にスタメンとして起用し続けた。

 

当時キャリア最高の75試合に出場し54試合で先発。

平均8.3得点、3.2アシスト、3.2リバウンドを記録。

 

キッドHCの期待に応え、チームのプレーオフ進出に大きく貢献した。

 

いいダンクだなあ


NBA Official Video

 

 

カリーのバックアップとして活躍

 

 

ゴールデンステイトに移籍した今季。

リビングストンはネッツにいた時とは違う役割を任された。

 

カリーのバックアップである。

 

78試合に出場し2試合で先発。

平均18.8分、5.9得点、FG成功率50%(198-396)、3P成功率0%(0-2)、FT成功率71.4%(65-91)、3.3アシスト、2.3リバウンド、0.6スティール、1.3ターンオーバー

 

彼の良さがあらわれたシーズンになった。

 

身長を活かしたポストプレイも出来るし、ペネトレイトから得点することもできる。

さらに、ポイントガードということもあってゲームメイクする能力も備わっている。

 

限られた出場時間の中で、リビングストンは非常にスマートなプレーヤーだという印象を我々に植え付けた。

 

 

ファイナルで求められるプレー

 

 

NBAファイナルで求められるプレーはディフェンスだ。

 

もともとディフェンスのセンスがよいリビングストンだが、プレーオフでは一段とディフェンスに対する意識が高まっている。

ファイナルのような締まった試合では、ヘルプやスクリーン処理などがより大事になってくるが彼はそれを理解している。

 

そしてオフェンスに関しても臆することない活躍。

第4戦では差がひらいた時間を中心に貢献し、合計25分出場、7得点、4アシスト、8リバウンドをマークした。

 

次も楽しみだなあ  

 

プレーオフ、ロケッツ戦でのプレー


NBA Official Video

 

ウォリアーズの他のプレーヤー

 

スポンサーリンク