読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nbaのGぶろぐ

旧nbaのGぶろぐです。新nbaのGブログはサイドバーのリンクからお越しいただけます

2015NBA新人王、ルーキー1stのアンドリュー・ウィギンス

 

 新人王の、

 

アンドリュー・ウィギンスミネソタ・ティンバーウルブズ)。

f:id:camep:20150627172605p:plain

Photo by David Sherman/NBAE via Getty Images

 

スポンサーリンク

 

 

 

●ジョーダン・クラークソン

 エルフリッド・ペイトン

 アンドリュー・ウィギンス

 ニコラ・ミロティッチ

 ナーレンズ・ノエル

 

 

アンドリュー・ウィギンス(Andrew Wiggins)については百回聞いても一回見るのには及ばない。

 

ということなので、初めにたった1分の動画を貼り付けておきます。


NBA Official Video

 

ちなみにこの公式動画が公に出たのは2015年の1月22日。

NBAデビューして3ヶ月後程度。

 

カナダ出身のウィギンスは2014-15シーズンのルーキーオブザイヤーを受賞。

華々しいNBAキャリアをスタートさせた。

 

もっとも、所属するミネソタ・ティンバーウルブズは16勝66敗ともがいたシーズンではあったが。豊作と言われた2014NBAドラフト全体1位でクリーブランド・キャバリアーズに指名された。

 

しかし、キャブスはウルブズからセンターのケビン・ラブを獲得し、ウィギンスはウルブズに移籍した。

 

新人王候補と言われていた同期のジャバリ・パーカーやジュリアス・ランドルは、シーズン途中で怪我をしていしまい、一段とウィギンスに注目が集まった。

 

 

オフェンスのウィギンス

 

 

全82試合に出場し全てスターター。

 

平均36.2分、16.9得点、FG成功率43.7%(497-1137)、3P成功率31%(39-126)、FT成功率76%(354-466)、2.1アシスト、4.6リバウンド、1スティール、2.2ターンオーバー

 

82試合で平均36.2分出場するだけのタフさと、ウルブズ側の彼に対する期待が如実に現れている。

 

ウィギンス自身も抜群の身体能力とポテンシャルを余すことなく我々に見せつけたシーズンだったろう。

 

平均16.9得点は他のルーキーよりも頭一つ抜けているし、オフェンスに絡むプレーが非常に多い。

 

30得点以上を記録した試合は4つあり、これも他のルーキーを寄せ付けない。

 

1月17日 31得点 vsデンバー・ナゲッツ
1月31日 33得点 vsクリーブランド・キャバリアーズ
2月23日 30得点 vsヒューストン・ロケッツ
3月27日 31得点 vsヒューストン・ロケッツ

 

リッキー・ルビオやケビン・マーティンの離脱など主力の怪我に苦しんだ時期も長かったが、ルーキーのウィギンスは少しづつ巨大なポテンシャルを明るみにしていった。

 

 

来季に向けて

 

 

リーグトップレベルのスコアリング能力を感じさせたウィギンスの課題は、アウトサイドの精度向上とフィジカルの強化だろう。

 

身体能力がずば抜けており、それに応じてオフェンスのバリエーションを多くする上でアウトサイドのオプションは切り離せない。

 

同時にフィジカルの強化も必要だ。

203㎝90㎏ではちと細い。

素晴らしいクイックネスと合わせて、自分よりもパワーのあるプレーヤーに負けないディフェンスや強靭なドライブをする彼を見てみたいものだ。

 

 

楽しみなウルブズ

 

 

ウルブズに所属するタレントを考えるだけでわくわくするのは私だけではないだろう。

 

2014NBAドラフト全体1位で新人王のウィギンス。

 

次々とアシスト決める司令塔、リッキー・ルビオ。

 

ルーキーガードながらダンクコンテスト優勝、トリプルダブルを量産しそうなザック・ラビーン。

 

2015NBAドラフト全体1位で期待のセンター、カール=アンソニー・タウンズ。

 

2013NBAドラフト全体1位ながらその実力を十分に発揮しきれていないアンソニー・ベネット。

 

健全ならばMIPの可能性もあるシャバズ・モハメド


そして、NBAの酸いも甘いも経験しているベテランのケビン・ガーネット

 

 

たとえば、数年前までゴールデンステイト・ウォリアーズが優勝するなどだれが考えていただろうか。

 

ミネソタも徐々にそのダービーに参加してくるだろう。

 

 

ハイライト

 

 

ハイライトは1月17日のデンバー・ナゲッツ戦だろう。

 

先発で40分出場し、3P4本を含むFG11本を成功させ31得点を記録。

4アシスト、9リバウンド、1スティール、3ブロック、2ターンオーバー

 

この日はウィギンスが攻守に渡って活躍し、チームに7勝目をもたらした。

 

評価 A+  

 

シーズントップ10


NBA Official Video

 

他のルーキー1st

ジョーダン・クラークソン

 

エルフリッド・ペイトン 

 

ナーレンズ・ノエル

 

ニコラ・ミロティッチ

 

スポンサーリンク