読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nbaのGぶろぐ

旧nbaのGぶろぐです。新nbaのGブログはサイドバーのリンクからお越しいただけます

軽やかな、ロドニー・フッド

 

 珍しく今日も記事書きます。

早く気まぐれからこつこつに昇格したいです。

ちなみに昇格の基準はありません。

 

110%で、

 

ロドニー・フッドユタ・ジャズ)。

f:id:camep:20151004210353p:plain

Photo by Melissa Majchrzak/NBAE via Getty Images

 

スポンサーリンク

 

 

 

ロドニーの紹介

 

 

2015-16シーズンでNBA2年目となるユタ・ジャズのロドニー・フッド(Rodney Hood)。

シューティングガードスモールフォワードとしてプレイできるそんなマルチなロドニーについて書きたい。

 

アンドリュー・ウィギンスが全体1位で指名された2014年のドラフト。203㎝のロドニーは才能あふれる同期の中で1巡目全体23位でジャズから指名を受けた。

 

NBAに入る前はデューク大(Duke University)の2年生としてチームを引っ張っていた。

欠かせない存在として試合に出場し平均16.1得点、2.1アシスト、4リバウンドをマーク。

 

正確なジャンプショットに支えられたロドニーのオフェンスは高く評価された。

 

 

・ルーキーシーズン!

 

 

ジャズの一員として臨んだルーキーシーズン。

前半はプレイタイムをもらえなかったり、足の負傷や体調不良で存在感を示すことは出来なかった。

 

しかし、徐々にロドニーの持ち味が世界最高峰のリーグで表現されていく。

 

50試合に出場し21試合で先発。

平均21.3分、8.7得点、FG成功率41.4%(374-155)、3P成功率36.5%(170-62)、FT成功率76.2%(80-61)、1.7アシスト、2.3リバウンド、0.9スティール。

 

テンポよく柔らかいシュートタッチが特徴のそのサウスポーは、ジャンパーを武器に柔軟に得点できることを我々に認識させた。

 

 

・今季のサマーリーグ!!

 

 

ジャズのメンバーとして迎えた今季のサマーリーグ

 

ユタで行われたこのサマーリーグでロドニーはコンディションが良いことをプレーで示した。

 

肩の痛みにより大事を取って出場は2試合にとどまったが、その2試合で先発。

平均27.4分、20.5得点、FG成功率54.8%(31-17)、3P成功率14.3%(7-1)、FT成功率66.7%(9-6)、2.5アシスト、7.5リバウンド、1スティール、1.5ターンオーバー

 

3Pは控えめだが、全体的にバランスよくハイパフォーマンスを披露している。

 

サマーリーグが良いからシーズンも良いとは言えないが、結果を出すためのコンディションは悪くないことが分かる。

 

ターンオーバーも少なく、落ち着いてプレーしている一方で、7.5リバウンドを記録するなどアグレッシブさも見て取れる。

 

するすると切り込んだ後に繰り出される柔らかいシュートタッチのジャンパーが印象的なロドニー。ボディバランスも良い。

 

テンポが良いスモールラインナップの場面で起用されることが多いと思うが、こつこつ頑張ってほしいところ。

 

こつこつ  

 

スポンサーリンク