nbaのGぶろぐ

旧nbaのGぶろぐです。新nbaのGブログはサイドバーのリンクからお越しいただけます

デンバーの期待がかかるドラ7ガード、エマニュエル・ムディエイ

 

 稀に見るポテンシャルを秘めた、

 

エマニュエル・ムディエイデンバー・ナゲッツ)。

f:id:camep:20151008175951p:plain

Photo/Tony Gutierrez

 

スポンサーリンク

 

 

 

・ムディエイ

 

 

今回は将来のNBAを引っ張る中心として期待される大型ルーキー、エマニュエル・ムディエイ(Emmanuel Mudiay)について書きたい。

 

アメリカの高校を卒業したあと中国のリーグでプレーした経験をもつこのポイントガードは、今年のドラフトにおいて1巡目全体7位でデンバー・ナゲッツに指名された。

 

中国のリーグにいた時の成績は12試合に出場し平均18得点、5.9アシスト、6.3リバウンド、1.6スティール、3.3ターンオーバーを記録。

 

もとより高校時代から注目されていたムディエイ。ドラフトでの前評はポイントガードとしては196㎝とサイズにも恵まれ、バスケットセンスもオールラウンドにきらりと光る素質を持っているという感じ。

 

今年のサマーリーグに出場したムディエイはドラフト時の評判通りのパフォーマンスでファンを興奮させた。

 

4試合に出場し全て先発。

平均30.4分、12得点、5.6アシスト、3.5リバウンド、1.3スティール、5ターンオーバーを記録。

 

スタッツ以上にチームに与える影響は大きかったように見える。

荒々しいプレーも散見されるが、テンポよくオールラウンドに試合の舵を取るフロアリーダーとして他の若手を寄せ付けない存在感があった。

 

そしてムディエイはサマーリーグのセカンドチームに選出された。

 

プレシーズンが始まりシーズン開幕まで各チームの戦術、スターター等が試される時期に差し掛かっている。

 

 

・ムディエイのデビュー

 

 

ムディエイが所属するナゲッツは現在プレシーズンで2試合消化している。

 

19歳のその有能なガードはそのどちらにも出場した。

 

 vs ロサンゼルス・クリッパーズ

平均33分、14得点、3アシスト、2リバウンド、1スティール、8ターンオーバー

 

 vs ダラス・マーベリックス

平均31分、17得点、5アシスト、1リバウンド、1スティール、7ターンオーバー

 

一番にターンオーバーの多さが目立つ。

 

だがムディエイのポテンシャルにはかなり期待している。

ルーキーの中では別格のスピーディーなボールさばきや、経験が浅いながらもコートを広く見ることのできるセンス。

 

デンバーの司令塔だったタイ・ローソンが抜けたことによって、ポイントガードのスターターとして期待されるムディエイ。

 

チームにはベテランのジャミーア・ネルソンもおり、学ばなくてはいけないあらゆることを吸収している。

それに2人の仲もよさそうなのでチームの雰囲気は良い。

 

これから楽しみだなあ  

ダラス戦のムディエイ


NBA Official Video

 

スポンサーリンク