nbaのGぶろぐ

旧nbaのGぶろぐです。新nbaのGブログはサイドバーのリンクからお越しいただけます

NCAA決勝の最優秀選手ミネソタの新人PG、タイアス・ジョーンズ

 

 ガッツあふれる、

 

タイアス・ジョーンズミネソタ・ティンバーウルブズ)。

f:id:camep:20151012143412p:plain

Photo by Garrett Ellwood/NBAE via Getty Images

 

スポンサーリンク

 

 

 

・デューク大

 

 

今回はミネソタ・ティンバーウルブズのルーキーポイントガード、タイアス・ジョーンズ(Tyus Jones)について述べたい。

 

ジョーンズは今年のNBAドラフトにおいて1巡目全体24位でクリーブランド・キャバリアーズに指名された。

 

その後、キャバリアーズが獲得したその権利は、彼の生まれ故郷であるミネソタへ渡る。

 

今年のカレッジバスケ、NCAAのチャンピオンに上り詰めたデューク大(Duke University)出身のタイアス。

フレッシュマンではあったものの、優勝することになるチームのスタメンポイントガードとしてチームを牽引し続けた。

 

ファイナルシリーズの最優秀選手にも輝いている。

 

39試合すべてで先発。

平均33.9分、11.8得点、5.6アシスト、3.5リバウンド、1.5スティール、2ターンオーバーをマーク。

 

バランスのとれた正統派という感じか。

 

 

サマーリーグとプレシーズン

 

 

188㎝のタイアスは今夏のNBAサマーリーグにも出場。

 

ミネソタの一員として4試合に出場し3試合で先発。

平均24.4分、7.8得点、FG成功率40.7%(27-11)、3P成功率25%(8-2)、FT成功率77.8%(9-7)、2アシスト、2リバウンド、1スティール、3.3ターンオーバーを記録。

 

数字だけみると決して満足できるパフォーマンスではなかった。

 

しかし、チャンピオンになったデューク時代もそうだったが、コートではまさに司令塔としてチームを統率するリーダーシップを見せた。

 

と同時に、ここぞという場面でも恐れることなくプレーをできるガッツもある。

 

身体能力はそれほど高くはないが、ハンドリングやパスの技術は備わっており、いわゆる正統派のポイントガード向きなスタイルとなっていくだろう。

 

今のところウルブズはプレシーズンで2試合を戦っており、タイアスも出場した。

 

 vs オクラホマシティ・サンダー

24分、4アシスト、1リバウンド、1スティール、2ターンオーバー

 

 vs シカゴ・ブルズ

25分、18得点、9アシスト、2リバウンド、1スティール、2ターンオーバー

 

サンダー戦は5本はなったFGがすべて外れ無得点に終わったが、次のブルズ戦では18得点を記録し9アシストもマークした。

 

リッキー・ルビオが負傷中のため、復帰するまでタイアスはプレシーズン中はそれなりのプレイタイムをもらえるだろう。

 

しかし、ルビオが復帰した後はそのバックアップがアンドレ・ミラーになる可能性が高いため、シーズン中はNBADリーグで経験を積ませる場面も出てきそうだ。

 

自信は大事  

 

スポンサーリンク