nbaのGぶろぐ

旧nbaのGぶろぐです。新nbaのGブログはサイドバーのリンクからお越しいただけます

メキシカンのPG、ジョージ・グティエレス

 

 メキシカンの、

 

ジョージ・グティエレスミルウォーキー・バックス)。

f:id:camep:20151013235726p:plain

Photo by Gary Dineen/NBAE via Getty Images

 

スポンサーリンク

 

 

 

グティエレス

 

 

メキシコが生まれのジョージ・グティエレス(Jorge Gutierrez)を紹介。

 

ミルウォーキー・バックスに所属するそのポイントガードは今季でNBA3年目となる。

 

アンソニーデイビスやハリソン・バーンズらが名を連ねた2012年のNBAドラフト。

カリフォルニア大(University of California)で4シーズン過ごしたあと、NBAにエントリーしたが彼の名前が呼ばれることはなかった。

 

在学中の4年次ではチームの司令塔として牽引し平均13得点、4.1アシスト、5.3リバウンド、1.2スティール、2.4ターンオーバーを記録。

 

グティエレスはディフェンスが巧みなポイントガードとして注目を浴びていた。

 

2012-13シーズンはメキシコのリーグに行ったりNBADリーグに行ったりし、プロとしての経験を積んでいた。

 

2013-14シーズンになるとシーズンの後半にブルックリン・ネッツの一員となった。

 

短期間契約を重ねながらも勝ち取ったNBA1年目は、15試合に出場し2試合で先発。

平均16.3分、4.1得点、2アシスト、1.5リバウンド、0.9ターンオーバー

 

2014-15シーズンの途中でトレード、ウェイブされたが、シーズンの中盤からはバックスと短期間契約をし始めた。

 

その後グティエレスはNBADリーグに行ったりもしながら、結局はレギュラーシーズンの終盤になり複数年契約を結んだ。

 

昨季バックスでの成績は10試合に出場し1試合で先発。

平均13.1分、3.7得点、1.5アシスト、1.8リバウンド、0.9ターンオーバー

 

190㎝のそのガードは出場機会がそれほど多くは無かったが、限られた時間の中で安定した役割を果たした。

 

パスのスキルが高く、広いコートビジョンを活かしたノールックパスは見ものだ。

同時にハンドリングも良く、ボールコントロールが整っていた。

 

 

・プレシーズン

 

 

現在もバックスのメンバーとしてプレシーズンを戦っており2試合に出場している。

 

 vs シカゴ・ブルズ

18分、4得点、7アシスト

 

 vs デトロイト・ピストンズ

12分、2得点、3アシスト、1リバウンド

 

バックスのポイントガードにはマイケル・カーター=ウィリアムズ、グレイビス・バスケス、タイラー・エニス(負傷中)がおり、グティエレスは4番手のポイントガードになりそうだ。

 

プレイタイムは少なくなりそうで、そして派手なプレーヤーでもないがバックアップのガードとして良い役割を見せてくれそうなので今後も注目したいところ。

 

ゴーゴー!

 

スポンサーリンク

 

 

バスケスの記事をのっけてみル