nbaのGぶろぐ

旧nbaのGぶろぐです。新nbaのGブログはサイドバーのリンクからお越しいただけます

Vol.36 ジョン・ウォールが21分で14アシスト

 

 プレシーズン中の勝敗はレギュラーシーズンと違ってそれほど意味を持つものではありませんし、各チームの戦術を試す機会とかグローバルゲームズなどが絡まってイチオシプレーヤーを言うのもあれなんですが、書きたいので始めます。

 

今日のイチオシは、

 

ジョン・ウォールワシントン・ウィザーズ)。

f:id:camep:20151017235824p:plain

Photo by Ned Dishman/NBAE via Getty Images

 

スポンサーリンク

 

 

フィラデルフィア・76ersのホームで行われた今日のワシントン・ウィザーズとの一戦。

 

ウィザーズは序盤から立て続けにシュートを沈め第1Qに41得点を奪う。

 

前半が終わって69-45と24点差をつけたウィザーズの圧勝ムードだったが、シクサーズも後半に粘りを見せ終わってみれば127-118と9点差までになっていた。

 

      1Q 2Q 3Q 4Q  計

ウィザーズ 41  28  30  28  127

シクサーズ 22  23  29  44  118

 

前半の大量リードの先導役となったのがワシントンのポイントガード、ジョン・ウォール。

前半は15分の出場時間だったが、それだけで10アシストと荒稼ぎをした。

 

結果的に21分出場し、6得点、14アシスト、4リバウンド、1スティール、5ターンオーバーを記録した。

 

昨季のレギュラーシーズンはクリス・ポールの1試合平均10.2アシストに次ぐ、10アシストをマークしており、今季もその感覚は鈍ることを知らないようだ。

 

シクサーズ期待のルーキー、ジャーリール・オカフォーは膝の痛みにより欠場した。

 

次の試合(現地時間)

シクサーズvsブルックリン・ネッツ(日)

ウィザーズvsミルウォーキー・バックス(土)

 

ウォールのハイライト(1分55秒)


NBA Official Video

 

もう一人、

 

ウィルソン・チャンドラーデンバー・ナゲッツ)。

f:id:camep:20151017235936p:plain

Photo by Noah Graham/NBAE via Getty Images

 

デンバー・ナゲッツのホームで行われた一戦。

 

フェニックス・サンズと対戦したナゲッツは出場した選手のうち6人が2桁得点を挙げ、バランスよく試合展開を進め危なげなく勝利した。

 

     1Q 2Q 3Q 4Q   計

サンズ  17  19  23  22   81

ナゲッツ 28  35  17  26  106

 

ナゲッツのフォワード、ウィルソン・チャンドラーが19リバウンドを記録し、試合を通して好ディフェンスを披露した。

 

35分出場し10得点、2アシスト、19リバウンド、1スティール、2リバウンド

 

ダブルダブルを達成しターンオーバーもなく、チームに対して大きく貢献した。

 

彼の他には

ウィル・バートン 19得点

ゲイリー・ハリス 16得点

ジョフリー・ラバーン 15得点

ケネス・ファリード 15得点

ニコラ・ヨーキッチ 19得点

がオフェンスを引っ張った。

 

エマニュエル・ムディエイとダニーロ・ガリナリは休養。

ムディエイに代わったジャミーア・ネルソン先生が12アシスト。

 

これでナゲッツは4連勝中(1敗)。

チームの感じもバランスが良くていい感じ。

 

一方のサンズはシューターのデビン・ブッカーが13得点、センターのアレックス・レンが14得点だった。

 

次の試合(現地時間)

サンズ vs サンアントニオ・スパーズ(火)

ナゲッツ vs オクラホマシティ・サンダー(日)

 

エマニュエル・ムディエイの記事

 

デビン・ブッカーの記事

 

スポンサーリンク