nbaのGぶろぐ

旧nbaのGぶろぐです。新nbaのGブログはサイドバーのリンクからお越しいただけます

Vol.37 ジェラルド・グリーンが活躍しロケッツに逆転勝利

 

 今日のイチオシは、

 

ジェラルド・グリーンマイアミ・ヒート)。

f:id:camep:20151018225019p:plain

Photo by Bill Baptist/NBAE via Getty Images

 

スポンサーリンク

 

 

ヒューストン・ロケッツのホームで行われた今日のプレシーズン。

 

ロケッツと対戦したマイアミ・ヒートは序盤から後手に回る場面が続いていたが何とかくらいついていた。

 

第3Qが終わり76-84とロケッツが8点リード。

 

最終Qが始まるとベンチスタートだったジェラルド・グリーンがスリーを沈める。

 

これを契機にシューターの彼は好パフォーマンスを見せる。

 

タフなステップバックも含め計3本のスリーと2本のフリースローを決め、最終Qだけで11得点をたたき出し勝利を引き寄せた。

 

試合全体を通してでは、23分出場し21得点2ターンオーバー

 

プレシーズン中はややシュートに苦しんでいたが、この試合では白星につながる良い働きだった。

 

     1Q 2Q 3Q 4Q 計

ヒート  27  29  20  29 105

ロケッツ 33  29  22  16 100

 

新加入のグリーンはシックスマンとしての起用が多くなるだろう。

今日の試合のように、時にゾーンに入り一気に試合状況を覆すパワーを持ったオフェンシブなプレーヤーだが、ディフェンスに関して言えば改善の余地がある。

 

自身もディフェンスのトレーニングを積んできたということなので、今季どうなるか期待したいところ。

 

タイラー・ジョンソンも最終Qだけで9得点するなど逆転勝利に貢献した。

 

ハッサン・ホワイトサイドは26分12得点9リバ6ブロを記録し、ディフェンスからチームに勢いを与えた。

 

ヒューストンのジェームズ・ハーデンは30分21得点3リバ。

トレバー・アリーザは27分24得点1アシ5リバ2スティ1ブロ3ターンでオールラウンドに活躍した。

 

次の試合(現地時間)

ヒート(2勝3敗)vs アトランタ・ホークス(日)

ロケッツ(2勝4敗)vs ニューオリンズペリカンズ(月)

 

今日の好プレー(ステファン・カリー、31秒)


NBA Official Video

 

 逆転に加担したジョンソンの記事

 

スポンサーリンク