nbaのGぶろぐ

旧nbaのGぶろぐです。新nbaのGブログはサイドバーのリンクからお越しいただけます

スリーポイントで勝負、P.J.ヘアストン

 

 スリーで攻める、

 

P.J.ヘアストン(シャーロット・ホーネッツ)。

f:id:camep:20151024001207p:plain

Photo by Joe Murphy/NBAE via Getty Images

 

スポンサーリンク

 

 

 

ノースカロライナ

 

 

今日のインディアナ・ペイサーズとの試合には負けてしまったけれども、プレシーズン8試合を7勝1敗で終えたシャーロット・ホーネッツ。

 

ホーネッツのフォワード、マイケル・キッド=ギルクリストの予期せぬ負傷がチームを襲ったが、他のメンバーの活躍もありチームの状況は良い。

 

今回はそんなシャーロットからスモールフォワードのP.J.ヘアストンを紹介。

 

現在22歳のヘアストンは今季でNBA2年目。

198㎝の彼は昨年のNBAドラフトにおいて1巡目26位でマイアミ・ヒートに指名されたが、のちにシャバズ・ネイピアとのトレードでシャーロットへ。

 

ノースカロライナ大(University of North Carolina)出身のヘアストンはドラフト前の3年次は試合に出場していない。

2年次では23.6分で14.6得点を記録している。

 

ジャンプショットには定評があった。

 

 

・ルーキーシーズン

 

 

ホーネッツでNBAのキャリアをスタートさせ45試合に出場し2試合で先発した。

平均15.3分、5.6得点、FG成功率32.3%(269-87)、3P成功率30.1%(163-49)、FT成功率86.1%(36-31)、0.5アシスト、2リバウンド、0.5スティール、0.5ターンオーバーを記録。

 

出場時間はそれほどなかったがスリーポイントを積極的に狙っていくオフェンスのスタイルはよく表れていた。

 

NBADリーグでは26試合プレーし平均21.8得点と暴れに暴れ、Dリーグのオールルーキーセカンドチームに選ばれた。

 

 

・プレシーズン

 

 

 チーム成績が好調だったホーネッツのプレシーズンでは5試合に出場。

平均19.6分、6.2得点、0.4アシスト、2リバウンド、1スティール、0.4ターンオーバーを記録。

 

プレシーズン最後の試合となった今日のペイサーズ戦では先発したが、FGが11-2、そのうち3Pが8-1と精彩を欠いた。

 

今日はシュートセレクションが悪い場面も目立ったが、スリーポイント中心のスタイルは変わらず、オープンな状況を作りだしクイックリリースでリズムよく放つことが出来るかがポイント。

 

もう一段階上のプレーヤーになるためにはディフェンスもさらにトレーニングをしていく必要があり、やみくもにファウルをしないよう練習をしていくことが望まれる。

 

ギルクリストが離脱している間は出場機会もそれなりにあると思うのでレギュラーシーズンは注目していきたいところ。

 

ヘア、ストン  

 

プレシーズンにて(35秒)


NBA Official Video

 

ヘアストンとトレードされたシャバズ・ネイピアの記事

 

ホーネッツのガード、ジェレミー・リンの記事

 

スポンサーリンク